『Dr.コトー診療所2006』 8話

とにかく、ゆかりさん(桜井幸子)の手術がうまくいって良かったぁ~
ε- (´∇`;)>ホッ

良かったんだよね?
コトー先生(吉岡秀隆)の笑顔がないと、不安になってしまいます。

コトー先生の、あの表情はゆかりさんの病気への不安ではないんですよね?


前回を見る限り、ゆかりさんは助からないと思っていたし、
予告でもコトー先生が頭を下げていたので、
手術失敗?まさかぁ、と思っていました。


それが鳴海先生(堺雅人)が言うところの「奇跡」、
コトー先生が言うところの「有り得ないこと」が起こったんですね。

コトー先生は手術後、
ゆかりさんの生きる力を信じられなかったことに頭を下げる。

ゆかりさんが抗がん剤に耐え、ゆかりさんが手術を決めた。
だから助かった、とコトー先生は思ったのかな?


剛利さん(時任三郎)に、「少し疲れました。」と言ったコトー先生。

大丈夫かなぁ?

コトー先生にとって、島の人達が大切な家族になっていくたび、
ますますコトー先生は辛くなって行くのでしょうね。


でも、彩佳(柴咲コウ)のことを剛利さんに知られたことで、
少しは軽くなるといいんだけど…。
やっぱり心配ですね。


さて、今回手術にも随分馴れてきたミナ(蒼井優)ですが、
次回は彼女の回になりそうですね。

ミナちゃん、結婚してたんだねぇ。
ダンナから逃げて島に来たんですね。
ミナの謎があばかれそうです。

筧さんの公式サイトを見るまで気が付かなかったのですが、
和田さん(筧利夫)のベルトのバックルって「志」だったんですね。
今回、バッチリ見えましたよ(*^_^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月01日 14:42
こちらも失礼します~。

ドラマ的にはちょっと^^;でしたが
助かって良かったです!

胃癌は検査だけでは予測がつかない
開けて(オペ)びっくりなケースがあるそうですよ~。
この経験を積んでいれば
コトー先生のゆかりへの対処も変わっていたのでは?
撤回してるだけに
頭も下げて落ち込んだのではないかなぁ、と。

彩佳も助かって欲しいです。
和田さんて、ミナちゃんが好きなのでは?(^^♪
にな
2006年12月02日 19:49
ルルさん、こんばんわ♪

>胃癌は検査だけでは予測がつかない
>開けて(オペ)びっくりなケースがあるそうですよ~。
そうなんですか(゜Д゜))
コトー先生も、胃がんは詳しくなかったんですかねぇ?
自分の未熟さに、落ち込んだんですね。

>和田さんて、ミナちゃんが好きなのでは?(^^♪
私もそう思います(≧▽≦)
でも、ミナちゃん結婚していたとはねぇ(^_^;)

この記事へのトラックバック

  • Dr.コトー診療所2006(8)

    Excerpt: Weblog: ドラ☆カフェ racked: 2006-12-01 14:22
  • Dr.コトー診療所2006~第8話・Dr.コトーの憂鬱!

    Excerpt: Dr.コトー診療所2006、第8話ですが、前回に引き続き桜井幸子のゆかりさんの話です。ゆかりは、末期ガンでコトー(吉岡秀隆)からも余命宣告されており、抗がん剤で少しでも余命を延ばす治療を受けることにな.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-12-01 17:56