『僕の歩く道』 4話

今回は、雨のシーンに向けて付箋貼りまくってましたね。
輝明(草彅剛)が人に気を使ったりすることが出来ない
というシーンが何回も出てきました。

焼芋を食べながら、雨の中泣き出した都古(香里奈)に傘を差し出す輝明。
心暖まるようなシーンでしたが、
輝明にとってはりな(本仮屋ユイカ)の隣で見たドラマで学習したことを
実践しただけなんですよね。

雨→濡れている人→泣く→傘を差し出す

と方程式のように。

りなとドラマ見ておいて良かったねぇ(*^_^*)

でも、あのドラマは恋愛ドラマのようだったから、
あの後、男が女を抱きしめるなんてシーンがあったら、
輝明もそこまで真似したのかな?という疑問を持ってしまいました。


あと、やっぱり古賀さんは自閉症の家族がいたようですね。
しかも、都古との会話から推測すると、
自分の子供が、自閉症ということみたいです。
だから、輝明の存在は複雑な思いで見ていたんでしょうね。


そして都古の恋といえば、
「都古が別れると言えば、別れる。別れないと言えば、別れない。」
なんていう腹の立つことを言っていた河原(葛山信吾)が妻と離婚。
そして、都古と結婚へ。
ということになっていくようです。

でも、いつから離婚なんて考えていたんでしょうね。
全然分かんなかったけど。

都古の結婚が、輝明に何か影響をもたらしそうですね。
予告を見る限り、あまり良いことではない気がするなぁ。



ありがとう
ありがとう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月01日 20:53
最近、資格試験の勉強が大変で
テルのようにまるで写真を撮るようにして頭に入る
記憶力が欲しいです(;^∀^)

>焼芋を食べながら、雨の中泣き出した都古(香里奈)に傘を差し出す輝明。
>心暖まるようなシーンでしたが、
>輝明にとってはりな(本仮屋ユイカ)の隣で見たドラマで学習したことを
>実践しただけなんですよね。
まぁたしかに自分もそう思いますが
そんな偶然とは言え都古の心がちょっと癒されたのは
間違いないですね。


>でも、いつから離婚なんて考えていたんでしょうね。
>全然分かんなかったけど。
う~ん、河原は妻に浮気がバレて
彼女の両親に散々絞られて離婚して
自分の逃げ道を都古に求めた・・・てのは
考え過ぎでしょうかね。
河原に対する私のひがみも入ってますけど(; ̄Д ̄)
2006年11月01日 21:07
になさん、こんばんは~(^・^)

>あの後、男が女を抱きしめるなんてシーンがあったら、
輝明もそこまで真似したのかな?という疑問を持ってしまいました。

になさん、素晴らしい~♪
ワタシはそこまで考えられなかったです。
確かにそこまでやっていたら
輝明は真似をしたのか、、、気になってきました(^^ゞ

>でも、いつから離婚なんて考えていたんでしょうね。

同感です!
とてもそんな素振りがあるとは思えなかったし
次回、結婚ですからねー。
都古の結婚は失敗な気もしますが
輝明がどうなるか、心配ですね。
"ありがとう"から、遠くなってきたようで、、
話はどういう方向に転がるのでしょう?!
2006年11月01日 21:30
になさん こんばんは
>雨→濡れている人→泣く→傘を差し出す
なるほど。実は全然気づいてませんでした。。。あの劇中劇はなんのため???と思いながら・・・

それにしても、凄い学習能力です。私だったら、あんな風にすぐには実践出来ません・・・
しかも、なんという絶妙のタイミング(いや、ドラマなんだけど、そして伏線もやたらと多かったけど)

>なんていう腹の立つことを言っていた河原(葛山信吾)が妻と離婚。
そして、都古と結婚へ。
100ええっ~~~~~~~~
って感じでした。もう早過ぎ。なに、その展開。きっとこの後の話に続いていくのでしょうけど、それがまた輝明にあまりいい影響ではないような・・・来週のお母さんの台詞が「頑張れることを、頑張ればいい。」って、それって・・・一体・・・

>>彼女の両親に散々絞られて離婚して
自分の逃げ道を都古に求めた・・・てのは
ikasama4さんに一票(苦笑)考えすぎでなく、あの男ならありえそう。都古ちゃんが好きなら仕方ないけど、なんで都古ちゃんが河原に転んだのか、どうしても理解できないのだわ。ごめんね、都古ちゃん・・・
にな
2006年11月02日 10:24
ikasama4さん、こんにちは。

>最近、資格試験の勉強が大変で
お勉強中なんですか。
頑張ってくださいねp(^_^)q

>テルのようにまるで写真を撮るようにして頭に入る
>記憶力が欲しいです(;^∀^)
それは、私も欲しいです(^_^;)

>そんな偶然とは言え都古の心がちょっと癒されたのは
>間違いないですね。
そうですね。
悲しい気持ちになっていた都古にとっては、
いつもと違う輝明の行動は、癒されたでしょうね。

>河原は妻に浮気がバレて
>彼女の両親に散々絞られて離婚して
>自分の逃げ道を都古に求めた・・・てのは
>考え過ぎでしょうかね。
河原なら有り得えますね。
そう考えると、やっぱりずるい男ですねぇ。
信用できないなぁ。
都古が幸せになれるのか、心配になっちゃいますね。
にな
2006年11月02日 10:33
ルルさん、こんにちは。

>確かにそこまでやっていたら
>輝明は真似をしたのか、、、気になってきました(^^ゞ
ですよね。
意味を考えずに傘を差しかけているのだろうと、
私には思えたので、そうすると意味も考えず、
抱きしめたりするんじゃないかなぁ、と
思ってしまったわけです・・・
そんなこと考えたのは私だけなのかなぁ?

>次回、結婚ですからねー。
>都古の結婚は失敗な気もしますが
>輝明がどうなるか、心配ですね。
早すぎますよね、結婚。
都古の結婚も、輝明がどうなっちゃうのかも
心配ですね。

>"ありがとう"から、遠くなってきたようで、、
そうですよねぇ。
微笑ましい「ありがとう」が見れる展開の
ドラマになって欲しいです。
にな
2006年11月02日 10:51
meihuaさん、こんにちは。

>なるほど。実は全然気づいてませんでした。。。あの劇中劇はなんのため???と思いながら・・・
多分、そういうことなのだろうと思います。
多分・・・(^_^;)

>それにしても、凄い学習能力です。私だったら、あんな風にすぐには実践出来ません・・・
>しかも、なんという絶妙のタイミング(いや、ドラマなんだけど、そして伏線もやたらと多かったけど)
ですね。
あの学習能力と、タイミングの良さがあったら、
明らかに別の人生だったでしょうね(^_^;)

>100ええっ~~~~~~~~
>って感じでした。もう早過ぎ。なに、その展開。
「へぇ~」ではなく「ええっ~~~~~~~~」ですか(笑)しかも100。
でも分かります。早すぎですよね。

>ikasama4さんに一票(苦笑)考えすぎでなく、あの男ならありえそう。
私からも一票!!有り得そうです。

>なんで都古ちゃんが河原に転んだのか、どうしても理解できないのだわ。ごめんね、都古ちゃん・・・
私も、理解不能。ごめんね、都古ちゃん・・・


この記事へのトラックバック

  • 僕の歩く道 第4話

    Excerpt: テルとの帰り道に焼き芋屋さんがあった。 テルがその焼き芋を見つめていた。 ―――食べたい? 「うん、食べる」 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2006-11-01 20:46
  • 僕の歩く道(4)

    Excerpt: 黄色い傘に降る涙 Weblog: ドラ☆カフェ racked: 2006-11-01 20:53
  • 僕の生きる道 第四話

    Excerpt: 「内緒話もうできないな。」三浦君(田中圭)あいたたたです。 「どうしてですか?」輝明(草彅剛) 「どうしてって・・・」三浦君、テルになれてきたとはいえ、まだまだ修行が足りません。。。 それでも、.. Weblog: めいほあしあんだ racked: 2006-11-01 21:00
  • 僕の歩く道 第四話

    Excerpt: ●キャスト 大竹輝明/草なぎ剛 松田都古/香里奈 大竹秀治/佐々木蔵之介 大竹真樹/森口瑤子 大竹幸太郎/須賀健太 大竹りな/本仮屋ユイカ 三浦広之/田中圭  堀田丈二/加藤浩次 .. Weblog: ちょっと変な話 racked: 2006-11-01 23:11
  • 僕の歩く道・第4話

    Excerpt: 輝明のイメージカラーは「黄色」。 Weblog: あずスタ racked: 2006-11-03 01:18
  • ドラマ:『僕の歩く道』

    Excerpt: 今日は:{/kaeru_fine/} 「僕の歩く道」結構静かに、釘付けになっています。 「僕の生きる道」(2003年冬季)「僕と彼女と彼女の生きる道」(2004年冬季)に続く橋部敦子脚本の"僕シリー.. Weblog: くらげほのぼの日和 racked: 2006-11-15 18:06