『神はサイコロを振らない』 7話

先週予告がなかったのは、撮影が進んでなかったのね。
あんな雨の中、走らされているところから見て・・・。

神蔵(ベンガル)に頼まれ、元教え子を探すことになったヤス子(小林聡美)。
しかも娘(遠山景織子)からは、父親が傷つかないようにして欲しいとのこと。

教え子を見つけ話掛けようか迷っていたとき、携帯が鳴る。
相手は哲也(山本太郎)。
「頑張れって言ってくれる?」
可愛いよぉ~、ヤッチ。
哲也に甘えてるってことですよね。
正直になってきたってこと???

哲也は恥ずかしげもなく叫ぶのかと思えば、
亜紀(ともさかりえ)と菊介(武田真治)から逃げる、逃げる。
そして
「がんばれ、がんばれ、がんばれ
叫ばんでよろしい(笑)

でも、教え子は神蔵に会うのを拒否。
変わりに友達はどう?という提案に乗ってしまうヤス子。
あれ?ヤッチらしくない。と思いませんでした。
神蔵の娘の言葉が気になっていたのかもしれませんが、
今までのヤス子の行動から見ると、とても異質に見えました。

しかし、本当のことを話し誤るヤス子。
しかも教え子の練習を見に行こうと提案。
しかも、しかも、おんぶして行こうなんて・・・。
それは、無理っすよ。ヤッチ。
「バカなことしてすいません。」
とフォローしながら入ってくる、哲也と亜紀(笑)
良いトリオだねぇ。

神蔵の前で走る教え子の姿を見て、調子に乗った?亜紀。
10年前に機内で会ったサラリーマンを探して欲しいとリクエスト。
ちゃっかり、名刺まで持参。

しかし、再会は思っていたものと違ったようで・・・。
1回だけ会った人となると、難しいですよね、どうしても。
あのサラリーマンは少し特殊なようですが・・・。

そうだ、思い出した!!
「勝負下着」って言葉、10年前は使ってなかった?????
亜紀が不思議がっていましたが、
あれは「勝負下着」という言葉の意味が分からないということだったのかなぁ?











神はサイコロを振らない

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月03日 12:48
>「頑張れって言ってくれる?」
>可愛いよぉ~、ヤッチ。
上に同じです。

>「勝負下着」って言葉、10年前は使ってなかった?????
な、な、なんと?!
そうなんかなぁ。10年前の流行語ははるか彼方。

今回は今まで10年後に来た事を悔やむようなシーンが多い中で唯一?10年後に来れてよかったねと思えるお話でした。( ^▽^)
にな
2006年03月03日 20:59
ikasama4さん、こんばんわ。
>10年後に来れてよかったねと思えるお話でし  た。( ^▽^)
そうですね。
神蔵さんも、それを見た哲也も
喜んでましたもんね♪

この記事へのトラックバック