『小早川伸木の恋』 7話

今回は何と言っても、『竹林隼人の恋』でしょう。
あの、竹林先生(谷原章介)の変わりようといったら・・・。
可愛くさえ見えてしまいます。
竹林先生、初恋??

また、伸木(唐沢寿明)の恋は遠のいていったようです。

なんとか妙子(片瀬那奈)との関係を修復しようと、頑張るのは良いのですが、
それを直接ではないにしても、
カナ(紺野まひる)に相談するというのは、どうなんでしょう。
理解できない行動だなぁ。

とうとうカナに想いを告白した仁志(藤木直人)。
最後には「結婚する」とまで言っていましたが、
本当にカナは承諾したの?
だとしたら、伸木を忘れるために利用されているだけじゃん。
それを承知の上で、仁志は言ってるんでしょうけど。

そして、沼津先生(大泉洋)。
やはり、ナースに狙われていた(笑)
結婚を迫るのは「金目当て」。
病院内で軽々しく口にするもんじゃないですよ。本人が聞いてますから!!

次回、「家を出る」と宣言した伸木。
「許さない」と言った妙子から、本当に逃げることはできるのでしょうか。
みすず(北村一葉)を置いて行けるのでしょうか?

小早川伸木の恋1話
小早川伸木の恋2話
小早川伸木の恋3話
小早川伸木の恋4話
小早川伸木の恋5話
小早川伸木の恋6話


くるりくるり
くるりくるり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月24日 12:55
子供は傷つけたくない。
妻とはいられない。
自分にも負い目があるものの、こうなってしまったのは自分が努力したにも関わらず、妻がそれを潰してしまった、みたいな感じに聞こえてきますね。
結局、互いが信じあわなければどんな努力も空しいと気付きますが、ちょっと遅かったかもしれません。
過去にあったドラマで人を好きになる事の究極は相手を信じて疑わない事、っていう言葉がありましたが、ホント相手を信じぬくって事は一度疑念が生じてしまったら難しいんでしょうね。

伸木の恋の裏で静かに進行している竹林、沼津、そして美村?の恋の行方が気がかりです。
特に・・・頑張れ沼津。
にな
2006年02月25日 19:47
ikasama4さん、こんばんわ。
>人を好きになる事の究極は相手を信じて疑わない 事
それができれば、自分自身が幸せでしょうね。
でも、難しいなぁ。

この記事へのトラックバック